高校生で数学が伸びない、嫌い。

でも理系に進みたい。センター利用で国公立大学を受けるので数学が避けれない。

そんなときにどうしたら良いのか?

センター試験レベルの数学は、難しいと感じるか、優しいと感じるか、

「数学的な能力」

により大きく分かれる。

たいていの数学が苦手な人は、センターレベルの数学を「難解」と感じる。

もしくは、解答方法が自分の力で思いつかない。

単位取得のための数学だけであれば、なんとかなるが、

受験のためにこれが必要となると、

苦手な人にとってはかなりの苦痛だ。

しかし、理解できる人にとっては、勉強量さえある程度確保すれば、なんてことはないレベルである。

もっと言えば、楽しく感じるはずだ。

この差は「大きい」

はっきり言って高校レベル、大学受験レベルの数学になると、

偏差値50以上の大学の場合(一概に偏差値が正しいとは言えないが)

努力でどうのこうのなる

というより、

持って生まれたものの方の影響が強く出るのが現実だ。

語学である英語とは少し違う。

じゃあ、どうすればいい?

数学はあきらめるのも一つの手とし考え方を変えることも必要ではないだろうか?

①ある程度の努力はして、それ以上は数学の点数をあてにせず、他の教科で勝負する

②数学の点数に合わせた学校を選択する(大学へ入ったあとが本当の勝負と割り切ることも大切)


どうしても数学の点数が必要な場合、


「すべての公式の意味を考え、公式を導く練習をする」

「チャート式問題集の例題解答、ひとつひとつの式の意味をとことん考える」


これは時間がかかるかもしれない。

無意味なように思える公式の導きだが、

「数学」

の力を身につけるということは、

「考える」

力を身につけることだ。

まずは、教科書にのっている公式のでき方をよく読んでみるといい、

はじめは理解できないかもしれない。苦しいかもしれない。

人に聞いてもいい。先生に聞いてもいい。

もし、教科書に書いてある数式の意味が、自分で理解できはじめると、

センター問題の解答の意味を理解できるようになる。

解答の意味が理解できようになると、問題を解くことができるようになる。

とにかく一歩一歩地道に理解することが必要だ。

人気ブログランキング

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう