長いこと個別指導塾講師をしていると、

どうしても、成績を上げていける自信のない生徒に出会います。

誤解のないように言うと、

子供さん自体の人格を否定しているわけでは決してありません。

塾に来ても、かなりの確率で成績が上がらないだろうと思われ、

お金が無駄になるなあと感じるということです。

講師としての経験を積むと確信に近い状態で、わかるのです。

初対面でわかるときも少なからずありますし、

回数を重ねてわかるときもあります。

どんなにこちら側が努力をしても、親の期待に沿う結果が出ないな

と思うときは、もっとあります。

こうなってしまうには、さまざまな要因があります。

学習障害を抱えているかもしれない場合(家族がそれに気付かない)や、

家庭環境に問題がありそうな場合、

性格や、能力の問題

ただ単に親の期待が大きすぎる場合   

などなど

(参考記事

もちろんこちら側から、正直にそれを伝え、

遠回しに、塾をやめて頂く場合もありますが、

一般的にこれらが正確に保護者に伝わることは、少ないでしょう。

下手したら言い訳ととられ、言いにくいことです。

特に雇われ講師が多い大手塾では、どうしてもビジネスが優先されるでしょう。

そうなると、

無駄に塾に通うことになってしまいます。

そして、担当講師もやる気が失われて行きます。

ますます、塾に通うことは無意味になります。

このような、

これに関わる、全員が損をしていくような状況が少なからずあります。

心当たりがある方は、すぐに塾をやめ、

対策をたてる必要があります。

参考記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう