「数学はできるが英語が嫌い」

数学は好きだが、英語や国語が嫌いな人は


「食べず嫌いな人」

が多い。

本当はできるのに、

興味がなかったり、

面倒くさかったり、

手を抜いていたり、

正直言って、

「怠けている」

場合が非常に多いです。

対策は?

簡単です。

無理やり「英語漬け」にすることです。

①毎日英語に触れ、嫌だろうが問題を解く

②外国人と英語で話を定期的にさせる

③ノルマを決め、スパルタで勉強させる

英語は、触れた量で決まる部分が多くあります。

本人が嫌がっていようと構いません。

少々センスがなくても、とにかく量をすれば、なんとかなります。

特に中学までの英語、できないのは、

「ただ量が足りない」

ただそれだけのことがほとんどです。

数学とは違います

どう英語に触れ続ける環境を作るか?

毎日、続けさせるには相当な工夫がいります。

それを考えましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう