子供を良く分析するとはどういうことか知りたいとき、このカテゴリーの記事を読んで感じてもらいたいです。

勉強していないから点数が悪い

これは、分析ではありません。もっと、詳しく、なぜ勉強しないのか、できないのか、性格はどうなのか?

テストの点数が悪いとき、点数だけをみて感情的にならず、内容を良くみてみましょう。本当にわかっていないのか?それとも、ただの小さなミスなのか?

それが、勉強量を増やすことで解決するものなのか、それとも持って生まれた能力の影響か、学校の授業が聴けているかいないのか?継続して見ていると、親であれば感じることがあるはずです。

中学になり、内容が難しく、親がついていけないとしても、その分析をすることで、塾に相談するときや学校で相談するときに役立ちます。

親が子供の成績で悩む場合、多くが、その期待が大きすぎたり、子供の能力を越えていたりすることが原因です。理想は理解できますが、その能力は、兄弟姉妹でも違い、同じように育てても個性が違ってきます。

まずは、低すぎず、高過ぎず、身の丈に合った目標を家庭で設定すること、子供の力を最大限に成長させるためにはそれが一番大切です

子供の能力を分析の記事一覧
地頭力、持って生まれた能力を判定し、レベル分け(中学生)
子供の成績に悩む親に共通すること
塾に子を通わす親が良く言う「勉強の仕方がわかってない」
中学1、2年では余裕がないとだめ!?