「子供が勉強しないのはやる気がないから」それは間違い

大人でも興味がないことをやらさせることは苦痛で続かない。仕事がそうだと言う人もいるかもしれないが、仕事は指示された作業である部分も多く興味なくても続けられる部分がある。しかし、自ら考え、向上心を持って取り組まなければ勉強は違う。やる気が出ないと、どうしても頭に知識が定着しない。

子供たちが小さかった頃を思い出してほしい。歩くことができるようになるまで、言葉を覚えるまで、おもちゃの使い方を覚えるまで、何でも口に運ぼうとする頃を考えてみてください。いろいろなことに興味を持ち、前進することに充実していたはずです。

いつの間にか、毎日の生活、特に勉強に興味を失い、やる気をなくしてしまったのではなぜでしょう?

それは、毎日の学校の授業が、人間としての知識欲を満たしてくれるものでなくなったためです。「勉強」がどういうものか理解できなくて、面白くないのです。

勉強しないのはやる気がないからではなく、勉強しないのは、その子にとって、学校の授業が知識欲を満たしてくれないからです。そして、それが続くと学習性無力感に陥ります。

スポンサーリンク

「学習性無力感」から勉強しない

学習性無力感についてはこちらから

すべてはこれが原因ではありませんが、自分の現在のレベルに合ったことをやることができていないと、このような状況に陥るかもしれません。

子供たちが勉強しない、さまざまな理由について考えて見ましょう。

 

 

 

やる気とやり抜く力の記事一覧
親子で自己コントロール能力(自制心)を鍛えて成績を上げよう
中学生に勉強習慣をつけるため親が心がけたいこと
テストのケアレスミスがどうしても減らない人へ
小学生に絶対必要「やり抜く力」を手に入れる方法とは
「勉強の仕方がわからない」は学習障害グレーゾーンかも
勉強しない努力しない子供に親はどう対応すべきか?
「子供自ら受験勉強する」ように育てることは可能か?