現代の世の中では、

「親の収入格差が教育格差」

につながっていることは、ほぼ常識のように浸透しつつあります。

果たして本当にそうでしょうか?

インターネットで検索すれば、子供の学力と、親の収入に相関関係があるようなデータが

たくさんあります。

代表的なものを挙げてみましょう。

東大生の親の年収は? 一般の分布と比べると、

東大親収入グラフ

これを見ると、東大生の親は、年収1000万以上世帯が57%と、突出しており、

一見、高収入の世帯のほうが、

「子供に学力をつけることができる」

と読み取ることもできるかもしれません。

しかし、

もう一つのデータをお見せしましょう。

これは、東大生の親の世帯年収を、年度別に割合で示したものです。

capture-20140310-145527

出典http://nihon.phpapps.jp/archives/2398厚生労働省調べ

ここで、

特筆すべきことは、

どちらのデータも、

低所得といわれる層の割合が、約10%程度は、いるということです。

そして、もし、親の収入に比例して、学力が伸びるのであれば、

二つ目のグラフは、右にいくにしたがって、割合が増えなければいけません

ところが、

そうは、なっていないのです。

もちろん、このデータだけがすべてを物語っているわけではありません。

いろいろな要素を考慮に入れる必要があるでしょう。

しかし、

「親の年収」

これは、多々ある子供の成績に影響を与える要因の一つであって、

決して、絶対的なものではないのです。

人気ブログランキング

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう