今日もバイキングに天才東大生が出演していました。

鉄緑会の話があった前回の放送も見ました。

なぜ、世の中は、東大生を育てる教育法に興味あるのでしょう。

10年以上塾を経営してきて思うことがあります。

正直にいって

普通のほとんどの、小、中、高生に、東大生が解く問題は、解けません。

理解すらできない。。。。。人の方が多数です。

努力してもです。

年間に東大入学する人は、3000人

18才人口は120万人ですから、

割合は0.25%です。

ざっくり言うと、野球経験者がプロ野球選手になるような確率と大差ありません。

つまり、持って生まれた才能がなければ

150Kのボールを投げたり、それをホームランにすることはできないのです。

しかし、

だからといって

最初からあきらめることは一番ダメです。

自分は「やればできる」

と信じ続けること、

手に届きそうで、努力すれば届く目標を設定をし続ける。

成績をあげることは、

人間として生きていく力を上げることでもあると思います。

例え、東大には届かなくても

それをできる人は、人生で、貴重な何かを得ることができるでしょう。

 

子供の成績は遺伝で決まる!?

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう