先日、同業者の方から以下のようなメッセージを頂きました。


塾講師をしています。 初めてこのブログを見つけた時感動しました。 自分がまさに現場で思うことが、このブログにはたくさん書かれていました。 これからも応援しています。 もしよろしければご教授いただきたいのですが、 公立中学出身で、地方国立大学にいける子は、 中学時代どれぐらいの成績を取っていたのか知りたいです。 私の勤めてるところが、中学コースしかないので検証ができないのですが、 お母さんたちから国立大学に入れたいという思いはよく聞きます。 建前上、どの子も、今から頑張れば可能性はありますよ、と言いますが、 個人的には、中学時代の定期テストで平均8割以上、 もしくは学年で上位10%ぐらいに入っていないと、 国立大に行ける素質はないかなと思っております。 塾長のところが中高の塾ということで もし検証値がおありでしたら 塾長の見聞をお聞きしたいです。



まずは、過去記事にレベル分けをテーマにした記事があります。
地頭力、持って生まれた能力を判定し、レベル分け(中学生


結論から言うと、

質問をくださった方の予測値と、私の経験はほぼ一致します。


国立大学へ進学するということは、現状の入試制度ですと、数学である程度の点数を取らないと
合格を勝ち取ることはできません。
中学の時点で、数学を苦手にするととても苦しくなる現状があります。


中高一貫校、公立、私立中学校、また、学校の規模でも目安は当然変わってきますが、

各都道府県の、統一された高校入試の問題レベルはほぼ同じですから、
そこを参考にすると、
公立高校入試問題、特に数学で
最低、70点以上をとる力がない人は、国立大学進学を目標とした勉強はお勧めできません。
(つまり、定期テストでは8割以上です)

もちろん、他教科でカバーする方法、推薦を利用する方法、
倍率が1を下回る学部も稀にありますから、諦める必要はないと思いますが、

一般論として、公立中学校の1学年、100名以上の学校では、
上位、10%と言うのは一つの目安で間違いないと思います。


しかし、ここ5年、
その目安が変わりつつある
と言うのも現場の実感であります。

その理由がこうです。

  • 公立中高一貫校の普及に伴い、一般の公立中学校の学力低下(優秀な生徒が少ないため先が読めない)
  • 少子化の影響で、相対的に国立大学進学が易化している
  • センター傾斜配点の多様化、二次試験の多様化
  • 推薦試験合格定員の増加(工業高校や商業高校からも進学できる!)


結局のところ、よほど勉強が苦手で、各教科60点以下、合計300点以下の生徒の場合は、流石に可能性がほぼないが、それ以上の人は諦める必要はないような気もします。(中途半端でごめんなさい)

また、努力を自然にできる人、学校の勉強に対し誠実で苦痛に感じない人、向上心があり体力がある人は、
高校であと伸びする傾向を感じます。

地頭力で言うと厳しいなあと思っていた生徒が、
( 公立入試で350点前後(70点平均))
いつの間にかセンター数学で60%を超えているという経験も少なくありません。(全教科60%以上あれば、受かる国立大学はどこかにあります)
逆に、いつまでたっても、いくら頑張っても50 %前後で頭打ちしてしまう人もたくさんいます。

また、サボりぐせのある人は、やはり地頭が相当良くないと、
国立大学は受からないと思います。(目安は中学時代、適当に勉強してても400点以上はないと)


地頭が良く、勉強に対しても誠実で、やらなければならない時に、学習をしっかりできる人、

やはり、そんな人でないと国立難関大学は難しいですよね。

私の経験では、そのような生徒は中学の時から全然違います。
決して勉強量が突出して多い訳ではないですが、コツコツと勉強はしている印象です。

やはり地頭の良さを感じます。

教科書と、問題集の答えと解説で、一人で学習できてしまいます。
きっと塾など必要ないのでしょう。

ただ、そのような地頭が相当に良い生徒でも
高校では、特に最後の1年以上はかなり勉強しないと難関国立大学は受かりません。



残念ながら、そのような生徒が一般の公立中学校からは極端に減っているような気がしてなりません。
そのような生徒は、私立や公立中高一貫校に流れている地域が多いのではないでしょうか。

こんなこと言ってもどうにもならないかもしれませんが、

何か、今の日本の教育システムは、歪んでしまって、時代に合ってないような
もしくは無理やり合わせようとして、歪みがあるような。。。。。


その歪みを少しでも直したい

それがこのブログの目的でもあるのですが。。。