先日、いかのようなメッセージご質問を頂きました。




ブログを拝見させて頂きました。子供の成績で悩む親です。
相談させて頂きます。状況は大手塾に通っており中堅中学校を目指している5年生です。
ここ1年、テストの結果が常に最下位クラス。特に算数は計算問題でつまづき文章問題は手付かず。国語に至っては読解はほとんど解けない状態です。親から見ると塾そのものより本人のやる気や取り組み方にだいぶ問題があるのかと感じております。このままでは状況を変えてかつ環境を変える意味でも塾を個別指導に変える、家庭教師を付けるなど考えていますが当の本人は今の塾はやめたくないし受験もすると。今後親の独断で塾を変えるか子供の意見を尊重するか悩んでいます。親から見てもこのままでは受験出来る学校はないと思うし今後どうしたらよいのかわからなくなりました。アドバイスをお願いしたいと思います。




成績が悪いと

勉強にやる気がないように見えがちですが、

子供本人のなかでは、それでも精いっぱいやっていたり、

わからない、理解できないで、苦しんでいることが良くあります。



なぜ、そんなこともわからないのか?

と思わず、言いたくなることは、子供を指導していて私もよくありますが、
いかに子供の目線に下がるかは、難しい課題でもあります。



上記の方の場合は、もし私が親ならこうするのがいいのかなと思います。


まず、本人の意思もあるので、大手塾をやめさせることはせず、可能であれば回数や教科を減らします。
本人が行きたいというのであれば仕方がないでしょう。

途中で投げ出すことはあまり良いことではありませんし、
中学受験に失敗したことを親のせいにされても本人のためではないと思います。

理想は、塾プラス
予算的に許される範囲で家庭教師をつけ、その塾の宿題や基本的な部分の理解だけ手伝ってもらいます。

社会や理科など、暗記教科、単元を優先して、可能であれば親といっしょになって覚えます。


大切なことは、やれば少しでも結果が上がるということを体験させることが重要で
それが、たった1教科や1単元でも、
本人の自己肯定感に繋がれば、中学受験をしていても意味があることだと思います。



文面から察すると、今後も勉強を得意としない可能性があると思いますので、
自分は勉強ができないと思い込んでしまう前に、なんとか、この教科なら人よりも上にいける
という部分が作れないかと考えたいところです。

勉強にやる気が出ないということは、勉強との相性が悪いことが多く、
やる気が出ないのは、ある意味仕方のないことで、
なかなか強制できない部分があります。



勉強を継続させるには、達成感を目に見える形で感じさせる工夫が必要だと思います。

英検や漢検、数検を通して受験勉強をしていく方がお子さんには合っているかもしれませんね。


または、特技に集中投資するという理由で、中学受験をあきらめさせることも選択肢の一つだと思います。





ここで、中学受験のメリットとその裏にあるリスクを整理してみます。




メリット
高校受験がないため先取り学習をすることができる

リスク
受験がないため一度学習をしなくなると取り返しがつかない

基本がおろそかになる



メリット学校が大学実績優先

リスク
大学進学以外を志したとき、または大学進学に向かないときに他の選択肢が狭まる

就職実績に乏しい

下位の生徒はお荷物扱い



メリット学習に前向きな家庭(裕福であったり教育熱心)が多いためクラスの雰囲気が良い

リスク
逆にいじめが激しい(生徒からそのような話をときどき聞きます)

人間の多様性、社会経験(社会の厳しさ)のようなものの経験不足になる場合も



メリット私立ならではの教育方針が安定している

リスク
経営的に成功しているかしていないかは見た目だけでは判断が難しい。その状況次第ではなにが起こるかわからない(突然の方針転換や予定外の出費に悩まされることも)




結局のところ


中学受験のある中高一貫校のほとんどは、どうしてもその先に「大学受験優先」の考え方があり、
学校の評価もその実績が最優先されます。

当然と言えば当然ですが、

親は、「中高一貫校」に入学できれば、
高校受験がなく、無理なく受験勉強を先取りでき、大学受験に非常に有利
または、そのための学力をつけてくれるのは偏差値の少しでも高い中学

と考え、受験を目指します。

また、中高一貫校はブランドであり、有名校で力を試したいという部分も大いにあるでしょう。

本来、子供を伸ばしてくれる中学を探すのであれば、
「中学受験時の低い偏差値をどれだけ伸ばしたかという実績」
が大切なのですが、
それがわかる指標など聞いたことはありません。

結局、中学側も、素質のある生徒、もともと力がある生徒を集めて、
大学合格実績を高めたい学校がほとんどです。

その結果どのようなことが起こるのか?


それは、

どのような学校でも(どのような中学受験校でも)
学校内の上位にいる子供たちと下位にいる子供たちにはかなりの差があり、
下位にいる子は自発的に学習ができていません。この下位2割程度の人は、時間を無駄にしてしまっている印象です。学校に合っていないのでしょう。
中学受験をする場合は、この下位2割に入らないようにすることがとても大切だと私は思います。



ご質問の回答とはずれてしまいましたが、



本人の人間的成長、学力の向上を目的とした中学受験から外れてしまいそうなとき、


子供の気持ちを踏みにじらない形で

その中学受験は思い切った見直しが必要でしょう。




しかし、前記事 

でも触れましたが、

中学受験は学力に関わらず、
進学する学校に関わらず、
受験の後に決まった学校で
そこで頑張ることができる気持ちを作れるか作れないかにかかっているように思います。


pixta_27700743_S