小学生は、成長に差が出て当然と考えましょう。

精神的にも、肉体的にも、成長スピードの個人差が大きく感じられます。

それでも、小学5年生の後半ともなると、

今後の成績の伸び方や、つまずき方が、各教科予想できるようになってきます。

この時期、

やはりというべきか、

だいたいの印象では、女の子のほうが、国語力が優れているように感じます。

男の子場合、中学生、それも、高校受験直前になって、国語力がぐぐぐっと伸びてくる子をよく見かけるのも

不思議です。

国語力は、すべての教科の基本となり、一朝一夕につくものではないだけに、

ここは、小学校である今のうちになんとか手を打ちたいところです。

国語能力上達のコツ

対策①

好きなマンガを好きなだけ読ませる。

対策②

ゲーム攻略本や、アイドル雑誌、スポーツ雑誌(ルール本)など、

興味があることに絡めて、とにかく活字に触れさせる。

対策③

家族の伝言は、手書きメモで、白板、黒板を使っても良い。

ラブレターなど、友達に手紙を書く機会が多いほどベターだが。。。

とにかく、文章を時間をかけて書く。単語の羅列ではなく、文章を

スマホでのコミュニケーションも、スタンプではなく、文章でやりとりを

対策④

起承転結のある話し方をさせる。

学校であったことを説明させる。

理由や言い訳を最後までじっくり聞いてあげる。

など、たくさんしゃべって、文の組み立てを覚えることが大切。

家族同士の会話もすごく大切。

最後まで子供の話や、意見を聞いてあげていますか?

対策⑤

映画は、洋画を見て、音声は外国語、そして日本語字幕を読ませる。

効果抜群!

対策⑥

「なぞなぞ」で遊ぶ

いわゆる言葉遊びをする

何はともあれ、小学校のうちは、あわてず、本来の国語力を鍛えれば、

成長に応じて点数がとれるようになります!!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう