中学を卒業時点で英語が得意、もしくは苦手意識がないのに

高校普通科の英語が、

「嫌い」

になる人が実に多い。

「嫌い」になるだけではなく、点数がとれなくなっていく。。。。

その理由ははっきりしていて、簡単です。

①必要な学習量、暗記量が急激に増え、ついていけない。

②授業で教えられていない単語、文法、訳し方(和訳、英訳両方)をテストで平然と問われる。

 

そうです。

もう、まじめに勉強しても、高校(普通科)には追いつけないのです。

英語に関しては、まじめではなく、

「超まじめ」

が必要です。

学校の授業なんて、

「焼け石に水」

状態です。

ただ、ひたすら、自分で英語というものを習得していく必要があります。

大学受験を目標とする英語の習得

対策①

文法書を、必要な慣用句を暗記しながら、読破。

文法を理解する。

チャート式シリーズ デュアルスコープ総合英語 四訂版 (チャート式・シリーズ)

 

数研出版

2011-03-14

採用している学校も多い文法書。

学校の授業でも説明はしてくれるが、読めばわかる。読んで覚えるしかない。

対策② 単語と熟語をただひたすら覚える

単語集はなんでもいい。

ただ、シンプルに

「知っている単語を増やす」必要がある。

世の中には、いろんな暗記法があるが、

そんなの気休めだ。

必要なのは

「覚えたい」

という気持ちだけだ。

対策③

英文章を丁寧に、文法通りに、精読する。

まずは教科書からで十分!!

理想は毎日。

毎日ではなくても、定期的に根気よく続けることが大事。

リーディングの力がつけば、必ずリスニング力も上がる。

そして、ライティング力も上がる。

継続は力なりがポイント

英語は所詮、「語学」

人間の脳は、繰り返すことで対応できる。

最後はリスニング対策

もっともお勧めの方法は、

好きな洋画

なんのジャンルでもいい。

英語字幕で、字幕の言葉が聞き取れるまで何度でも同じ映画を見る。

英語字幕を和訳することも忘れずに。

もし、それができれば、英語なんてこわくない。

 

英語辞書

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう