高校数学と一概に言ってもそのレベルは幅広い


各種専門学校で受験科目として書いてある高校数学基礎レベル

このレベルはほとんど中学数学レベルの問題が中心になることが多い。
ただ、中学数学を侮ることなかれ、中学数学の文章題は現実生活に活用できることが多く、良問が多い。



Fランクと言われるような私立大学理系学部で選択できる数学

数Ⅰを徹底マスターすれば十分。2次関数と三角比 これさえできれば


一般的な私立大学理系学部(偏差値50以下)入試レベルの数学

一朝一夕には行かない。また、独学となればつらいことも多いだろう。アドバイスがもらえる学生家庭教師がほしいところか
ただ、ここまでのレベルであれば、普通科学校の教科書を熟読することで独学でマスターできるはず。
普通科で採用されている一般的なレベルの教科書ガイドなどを丁寧に理解していくと良い。


センター試験レベルの数学

教科書レベルの問題だけではマスターできない。一般的な国公立大学を目指すのであれば60%程度の正解率は最低限必要となる。

以下に最低限解いておきたい問題集を列挙(チャートは白を馬鹿にせず白から取り組もう)




難関大学レベルの数学


独学でもマスターできるくらいの精神力と数学的センスが必要
「為せばなる」

いきなり下記テキストに取り組むのではなく、上記までの段階を当然ふんだ方が良い。
チャートは青チャートが理解できれば十分だろう。
あとは過去問等で実践演習











などなど

目的に応じて、学習レベルはまったくといってよいほど違う

つまり、目的に応じて、学習方法を使い分けなければならない。