「勉強の仕方がわかってないと思います。」

「勉強の仕方を教えてやってください」

私が、塾で新規入塾の面談をしていると、よく保護者の方から聞かれる言葉です。

塾を経営し始めたころ、私はこう答えていました。

「わかりました!! 全力で勉強の仕方を伝えます!!」

保護者の方は安心して入塾を決め帰っていきました。

しかし、そのような発言を保護者がして入塾してくる生徒は、

ほぼ決まって成績がなかなか上がりません。

手間も非常にかかります。

手とり、足とり教えると、理解してくれるので、ひたすらわかりやすく教えます。

時には、点数が伸びないことに私自身がいら立ち、感情的になり、厳しくすることもあります。

しかし、熱心に指導しても、点数はパッとしません。

私は、指導経験を積む中で、あることに気が付きました。

あっ

教えても意味がない。。。。。。

これ、やっていることが無駄だ。

生徒のためにも、親のためにもなっていない。

と感じはじめたのです。

親が言う

「勉強の仕方がわかっていません。」

とは、ただの言い訳だと気づきました。

わかりやすく言い換えると、

「私の子供は、まったく勉強に対して気力を向けることができません。

また、それに対して、親である私も、子供と真剣に向き合っていないので、対策を打てていません。

塾でなんとかしてください」

と言っているのと同じです。

人間、本心で、心から

「成績を上げたい」と思えば、

その思いが強ければ強いほど、先生の言ったことや、塾講師の言ったことを覚えようとし、

できるようになろうと、練習も自らします。

いわゆる「向上心」がある程度ないと、塾に通っても効果はないのです。

それは、親も同じです。

普段からよく子供の様子を観察し、テストの答案や、宿題のやったあとを観察すると、

ある程度成績が上がらない原因が見えてきます。

子供の欠点や長所が見えてくるはずです。

向上心がない親は、それをせず、

子供に、「勉強しなさい!!」

とだけ、厳しく言ってしまいます。

小学5、6年、中学1年くらいまでに、自分の子の能力を正確に把握できず、

勉強習慣を付けてやれなかった親が

「子供が勉強の仕方を知らない」

と発言してしまうのです。

こういう場合は、塾に任せているだけでは、改善しない場合が多いのです。

まずは、親自身も変わる努力、子供に寄り添う、許容する努力をしましょう。

「勉強しない」には理由があります。

「仕方」がわからないからしないのではなく、

「やる気」の持ち方がわからないのです。

それは、一朝一夕にはいかないでしょう。

しかし、それを改善するには、親の継続した努力(変化)が必要な場合が多いことに気付きましょう。

子供のプライドや、競争心、

そして、将来への夢や希望を持たせる

家庭としての努力が必要です。

成績が上がらないことを、学校や塾のせいにしてばかりではいけないと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう