子供に教えたい育てたいもっとも大切な力

子供に学力をつけて、将来困らないようにしてあげたい

そう思っている親は多くいるでしょう。

もちろん、学力があるに越したことはありません。

学力とは、将来社会で戦う武器のようなもので、武器は多いほど、そして強力なほど良いのは当たり前ですよね。

でも、

その武器を使う側の人間が、使い方がわからなかったり、上手に使えなかったり、

そもそも闘争本能がないと、まったく無意味であり、社会という戦場の荒波を乗り超えていくことはできません。

 

学校の成績や受験で言うと

それは、好奇心であったり、自制心であったり、誠実さであったり、

いわゆる「非認知能力」という部分が、学力以前に必要であるということと一致します。

その「非認知能力」は世界的に見ても、

心理学、教育学の面で、最先端の研究が行なわれている分野です。

平たく言えば、昔で言う「根性論」が科学的に解明が進んできているということです。

その中でも

「グリット」

日本語で言う

「やり抜く力」

は昨今、話題になっていますが、

私もいろいろな書籍を読んでみましたが、

残念ながら、それを身に付ける、誰にでもあてはまる「方法」は確立されいないようです。

しかし、

このことを意識して、子どもを育てることは、とても大切なことではないでしょうか。

もし、まだ、この考え方や概念について詳しくご存知でない方は、下記の動画や書籍を読むと、何かのきっかけをつかむことができるかもしれません。

 

書籍

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう