成績が上がらない本当の理由を突き止めて、効果のある対策を立てる

進学塾経営で子供達から得たたくさんの経験を役立てます

ある地方で小中高を対象とした進学塾を10年以上にわたり経営してきた 塾講師がその経験をもとに、子供の成績に悩む親のために何かお役に立てないか? を考えた結果世の中に、子供たちやその勉強態度に悩む親たちを本当の意味で救う、本やネット上の情報がないことに気づきました。

そこで、誰もが薄々気づいていながら誰も語らない「子供達の成績が上がらない本当の理由」を軸にさまざまな角度から記事を書くことを決めました。更新は不定期ですが、ご質問やお悩み相談にもお応えします。

思うように行かないのが子育てです。

毎日多く子供たちに接する私の経験が、当サイト記事を読んでくださったみなさんの、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

成績が上がらない原因は大きく分けて三つの要素がある

成績が決まる環境能力性格

性格が原因で成績が上がらない、勉強に対してやる気がない。

持って生まれた能力が勉強に向いていない、理解力や論理力がないから成績が上がらない。

家庭環境や学校環境が適切じゃない。友達や家庭の経済環境が原因で、思うように勉強が進まない。

これらの三つの大きな要因が重なり、相互作用し合って、成績が上手く上がらないことが起こります。ここで大切なことは、持って生まれた遺伝による能力、性格も遺伝の影響があり、家庭環境、経済環境は子供達にはどうすることもできません。つまり、成績が上がらない原因のほとんどは、子供達本人にあるわけでなく、親や家庭側にあります。

だから成績が上がらないからと、「勉強しなさい」と子供達を叱っても対策にならないことがほとんどなのです。

当サイトは塾講師や学校の先生が親達に言えないことを伝えます

勉強ができない本当の理由は、実は誰も教えてくれません。

成績を上げるためにはどうすればいいですか?と聞いたしたら、ほとんどの先生がこういうでしょう。

「勉強時間を増やしなさい」

果たして本当にそうでしょうか?

当サイトは、この疑問を解決すべく、記事を書いていきます。そして、解決策を提示して、親達の悩みを解消することが目的です。

しかし、その原因は多岐に渡り、そしてその分解決策も簡単には見つかりません。しかし、そこから目を逸らすことは最悪の選択肢で、日々少しずつできることから取り組めば、必ず数年後に成果は出ます。

まずは、当サイトの気になる記事から読んで頂ければ幸いです。

そして、ご意見ご要望をお待ちしています。