やる気が出ないには大きく分けて二つの原因があります。

① 勉強しようにも、何をしていいかわからない。教科書を一人で理解できない。授業が理解できないなど、

わからない→面白くない→やる気が出ない パターン

② 聞けばわかるが、勉強自体が嫌いで、もしくは他のことが面白く、興味があるものへ行ってしまう。勉強に意 味を感じていない 危機感がないパターン

大きく分けると、この二つのパターンが非常に多いが、今日は①の場合を解説します。

このパターンの場合、


勉強時間は人より多いけど成績が上がらない


塾に通っているのに成績がむしろ下がる

机の前に座っても、ボーっとしている

何に対しても覇気がない

などと言う状況におちいりやすい。

ここでの対策は、親の協力がないと、なかなか改善できない。

まず、一番大切なことは、

今受けている、学校の授業、塾の授業を自分のレベルに合ったものに変更しなくてはいけない。

といっても、学校の授業を簡単に変更できるわけでなく、学校を変えない限りそれは不可能に近い場合が多い。

そこで、必要になるのが親の力です。

思い切って言ってあげてください。


「できる問題だけ、確実に解ければいい」

これはなかなか言えないかもしれません。

今の点数は、親の希望のそれと大きくかけはなれているかもしれません。

しかし、このパターンの中学生の場合、本人も苦しんでいるし、本人なりに頑張っていることが多くあります。

また、私立や、中高一貫校、附属高校の場合は、本人の能力に学校のレベルが高すぎる場合もあるでしょう。

親は、子供の目線まで下がって、本人にとっては高すぎるであろう目標を修正する必要があります。

それが例え、平均点以下の場合であってもです。(あまりにひどい場合は学習障害を疑いましょう)

このパターンの中学生にはそれが必要です。

そして、小さな目標を達成することを続けることで、自信をつけて行きます。

少し、勇気がいるかもしれませんが、ハードルをさげましょう。

次に必要なことは、詰まっている基礎レベルの知識を理解させてあげることです。

もし、塾へ通うことが可能であれば、家庭教師や、個別指導塾で、前学年の問題でも戻って、

現在の授業の理解に必要な知識を丁寧に、繰り返し、根気よく理解させることが必要です。

これをしないと、今後の学校の授業がすべて無駄になる可能性があります。

学校の授業は、上位半分に向けての授業レベルです。一度下位になり授業についていけなくなると、ずっと授業が理解できない可能性があります。

人間は、

自分のレベルに合わないことをさせられると、ほとんどの場合やる気がなくなります

それは大人も子供も一緒です。

小さなやる気を大きく育てていきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう