「経済格差は知能の格差」「知能は遺伝の影響強く受ける」 橘玲氏の記事が物議、日本の教育政策はムダなのか


上記 記事文より
橘氏はその後も、「能力は教育によって向上する」というリベラリズムの主張は「科学的根拠がない」と否定。「『知識社会においては、経済格差は知能の格差だ』という不愉快な事実を受け入れることではじめて、いま日本や世界でなにが起きているかが見えてくる」と主張している。


この記事と、橘氏の主張を私なりに解釈させて頂ければこういうことだと思います。

今、一般的に、日本では、教育格差が経済格差を生み、またその経済格差が教育格差をさらに広げているというような解釈が広がっています。

しかし、その本質は違います。

経済格差は、持って生まれた知能の差、つまり遺伝能力の差から生じるもので、いくら、予算をかけた教育政策を行っても、そのことで、教育格差、知能格差が埋まることはあまりない。


つまり、教育格差を埋めるための政策に過度な税金投入することは無駄である。



私たちの家庭に置き換えて、平たく言えば、


塾や、家庭教師を、いくら増やしたところで、能力があがるわけではない

ということでしょうか。。。。







私もこのブログで何回か似たようなテーマを話題にしてきました。











子供には、この現実を理解させる必要はないと思います。


夢を持って、それに突き進める環境をできるだけ整備することは親の責務でしょう。



しかし、親は、子の特性や能力を、現実的に分析し、受け止め、

自分の子に合った選択肢を数多く提供することが必要だと思います。


そのことは、

不必要な悲劇や、争い、そして、子が負う心の傷を回避させることができ、

そして、子供たちが持つ個性や能力を最大限に発揮できる力を養うことができるはずです。

学校の成績は、そのための一つの目安でしかありません。




しかし、現実は、それがわかっていない、もしくは、わかろうとしない親が大半です。



それが、今の小学校高学年から中高生の持つ毎日の閉塞感、

勉強への息苦しさに繋がっていることは、間違いないでしょう。