数学や算数が苦手な人の特徴は


「考えることをやめてしまっている」

ことにあります。

点数に違いさえあれ、レベルに違いさえあれ、

考えることを続け、理解しようとする姿勢を保てないのです。

その理由はさまざまですが、

その理由の多くは、ただあきらめてしまっているだけのことが多い。

自分で自分の限界を早々と決めてしまい。問題を理解しようとさえしないのです。



平均的な能力の持ち主であれば、中学レベルの問題であれば、前向きに粘り強く考える訓練をすれば

理解できるはずです。

小学校高学年くらいから、ひたすら考えることを避け、中学校ではテクニックだけで解こうとすると、

数学の成績は悲惨なものになるはずです。




考えることを面倒くさがらす、何を意味しているのかを考え続けましょう。

特に小学校では、これが大切です。

親がいっしょになって考えてあげましょう。

数学嫌いは致命的
http://seiseki-t.com/archives/1051993159.html